アルトコイン

今年おすすめのアルトコインは?

投稿日:2018年7月18日 更新日:

今さらかもしれませんが、私は「アルトコイン」って何??という一人でした。
仮想通貨のまわりには、聞きなれない言葉がたくさんあります。

私と同じようにアルトコインとは?と思われた方、これから仮想通貨やってみたいと思っている方へ分かりやすく解説していきます。

アルトコインとは?

アルトコインとは(オルトコインとも呼びます)ビットコイン以外の通貨(コイン)のことです。アルトはAlternativeの略称で「新しく」「代わりになる」という意味。

分かりやすい例をあげるとしたら、

スマートフォンが普及した時、開発元のApple社が発売したiPhoneとスマホの違いと同じです。
当時私には違いがよく分かりませんでした。

ビットコインが仮想通貨の代名詞であったようにiPhoneが日本で発売されたときは、イコール「スマホ」だったように感じます。

一年ほどおくれてandroidが発売されスマホ市場は2大勢力が席巻していますが、ちょうどアルトコインはAndroidみたいな。
ちょっと違うか^^;

スマホとの違いは、アルトコインが次々に生まれてきていること。

とりあえず、アルトコインもそんな感じに、ビットコインから派生したコインと思ってもらえたらいいと思います♪
何でもそうですが、やっぱり1番!というのは本当に凄い力や『ブランド力』がありますね♪

じわじわと注目されてきたアルトコイン

2017年に仮想通貨とビットコインという言葉が良くも悪くも世間一般に浸透しました。そして、2018年、最近では確定申告時、仮想通貨で億り人になったと想定される人数は330人以上(ホントはそれ以上ですよね…苦笑)と新聞等に取り上げられましたが・・・億を稼いだ人の中にはビットコイン以外のアルトコイン(オルトコイン)で利益を上げた人も多いとか。。

そのアルトコインの中でもエイダコイン(ADA)の存在は仮想通貨をされていた人ならほとんどの人が周知している、爆上したコインです。2015年のプレセールから上場後の2017年には6倍以上の高騰で一資産築いた人もいたとか。。羨ましい限りです♪

その他にも、現在定着しつつある人気のアルトコインはいくつかあります。やはり、国内取引所に上場しているコインが人気なんですが、安定して人気な代表的なコインをご紹介します♪

注目度の高い!おすすめアルトコイン

いま注目されているおすすめのアルトコインを紹介します。

イーサリアム(Etherium)

単位はETHで表示。通貨として、契約の履行を行う際「スマートコントラクト」という仕組みを備えてます。2015年に運用開始なのでビットコインと比較すると後発ながらも、取引量はビットコインに次ぐ量を誇っています。また、ICOにおいても重要視され、新しい仮想通貨の技術基盤になったりする非常に重要な位置付けにあるコインとなっています。

このことから「仮想通貨で稼ぎたい!」と思うのなら、ビットコインは鉄板ですが、少額から購入できるETHも鉄板で持っておいてもらいたいアルトコインです。なぜなら、ほとんどのICO案件でETH
での取引が圧倒的に多いからです。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

単位はBCHで表示。ビットコインから分裂した(ハードフォーク)仮想通貨です。

ブロックチェーンは決済履歴を記録し続けるものなので、だんだんと処理すべきデータの量が多くなり、取引に時間がかかったり支障をきたす恐れもあります。実際、ビットコインの高騰時の取引の際、決済に10分以上かかったり、最悪いつまで経っても決済に移行しないといことに。。こういった問題の解決方法を巡って意見が分かれて少数派の人々が作ったのがビットコインキャッシュです。

こういう背景から、取り扱う取引量はそこそこ多く、現在、取り扱っている取引所も結構あります。また、特にビットコインとの連動性が強く、ビットコインの価格が上がっていけばそれに引っ張られます。投資的に考えてもまだまだ魅力的なコインといえるでしょう。

先にの述べましたが、ビットコインキャッシュは既に多くの取引所扱っているので資金面でも安定しているため、今後も流通量は増えてくと予想されます。ビットコインと並行して買い足ししてゆきたいコインのひとつと思います。

リップル(Ripple)

単位はXRPで表示。リップルについてはアルトコインじゃない!と言う人もいて賛否両輪ではあります。何故かというと管理者不在のビットコインに対し、リップルはリップル社が管理主体となっていて「中央集権的だ」という批判がよくあります。

完全な分散型のブロックチェーンであるビットコインとは異なり、リップルはリップルラボが一元管理していることから、承認作業もリップル社で行うことができるため、と批判的意見もしばしば。ただ、ここでは人気のアルトコインのひとつに上げさせてもらいます。リップルの本来の役割は2つの通貨や国の決済を橋渡しするブリッジ通貨という考え方に基づいて、次世代の送金インフラを目的に開発されたコインです。

また、日本では大手みずほ銀行や三菱UFJ銀行、Googleの関連会社などもプロジェクトに参加しているのでかなりの知名度があり人気なコインの1つです。ちなみに、リップルだけで一財産を築いた人も多く、リップルだけで購入できる「リップル不動産」なるものも登場したりして。世間一般に知れ渡るときには一体どんな値が付くのだろうと、今から興味津々です♪

ライトコイン(LiteCoin)

単位はLTCで表示。ビットコインのシステムを軸に、実用性重視で開発されたコインです。取引スピードがなんと!ビットコインの4倍のスピードで、決済は約2分で完了します。
総発行数量はビットコインの4倍の8400万LTCになります。4倍が好きなんですかね(笑)

仮想通貨が世間一般に浸透した時に扱いやすさからライトコインに人々が集中したらどんなことが起こるのでしょうか?想定以上の出来事が起こるかもしれません。
今保有していて損はないコインと思います。

その他おすすめアルトコイン

ネム(NEM)
単位はXEMで表示。
コインチェック事件で有名になったネムですが、ネムは「平等で安全な取引を目指す」というプロジェクトの名前で付いたのですが。。安全性がウリのはずなのに、なんとも皮肉な感じですね。
ネムは保有数や使用頻度などで【利用者の重要度】によって取引承認の報酬を割り当てているため、残念ながらマイニングによる新規発行はありません。

ダッシュ(Dash)
単位はDASHで表示。
こちらのcoinは【匿名性】の高さで有名になりました。送金時にいくつかの取引データを混ぜ合わせるような仕組みをとっていて、どのようなアドレスかを特定できないようになっています。第三者に知られることはない上に、取引時間は最短4秒というスピード決済です。

ただ、現在その【匿名性】について国会でも意見が分かれているので今後の行政等の動向に注意が必要かもしれません。。

アイオータ (IOTA)
単位はMIOTAで表示。
アイオータはIoT(Internet of Things,モノのインターネット)で活用されることを期待して作られました。
高速道路のETCのように、自動的に課金されるようなシステムに応用することを目指して開発されました。インフラ面で活躍の期待があるため、人気のあるcoinです。

ネオ(NEO)
単位はNEOで表示。
中国が開発した、イーサリアム版、仮想通貨です。スマートコントラクトはもちろん、SNSや予想市場(ギャンブルなど))の自動化作業など、さまざまな機能を実装可能なものとしています。
現在はネオベースで行うICOも増えてきています。

モネロ(Monero)
単位はXMRで表示。
モネロもダッシュ(DASH)と同じく【匿名性】を生かした仮想通貨です。ただ、ダッシュとは異なるブロックチェーン技術で、毎回違ったアドレスが発行されるワンタイムキーやリング署名方式(利用者を複数の公開鍵で署名し、このうち誰が本当の送金者なのか分からなくします。)が採用されています。

アルトコインの注意点

アルトコインは次から次に生まれてきてます。実に1500種類もあると言われています。信用に足るアルトコインはわずか3%とも。それ以外は「草コイン」などと揶揄されています。更に困ったことには、そのうちいくつかは「詐欺コイン」の可能性もあるからです。そんな詐欺コインに騙されないようにするにはどうすればよいのでしょうか?

アルトコインの開発元の目指すものはそれぞれ異なり、評価の高い内容(ホワイトペーパー)のものは価値があります。しかし実際にホワイトペーパー通りに開発が進んでいないものもあれば、全く価値のないアルトコインもあります。ここの見分けがターニングポイントとなります。

アルトコインは上場しなかった、できないでいる、というハイリスク、ハイリターンでもあります。アルトコインだけに限りませんが「投資」というリスクを踏まえた上で、余裕資金での購入をしてほしいと思います。

今年おすすめのアルトコインのまとめ

今回は代表的な人気のある「アルトコイン」のご紹介をしました。
アルトコインを購入する際には、「ただなんとなく」とか「みんながイイと言っているから」ではなく、そのコインは「何の為に開発されたコインなのか?」「将来性のある需要とされてゆくコインなのか?」など、その先を見据えて期待のできるコインを探して購入してみるのも面白いかと思います。

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨情報共有サイトBITSHARE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.