ビットコイン

ビットコインのウォレットアプリを持ってみよう!

投稿日:2018年7月24日 更新日:

日本でも多くの人が仮想通貨に興味を持ち、そして所有し始めた今。
その仮想通貨の大半がビットコインという方は多いはずです。

ビットコインを日本国内の仮想通貨取引所で日本円から両替してそのままキープしている方が多いと思いますが、それはちょっと待って下さい。

最近では仮想通貨取引所がハッキングにあう事件が徐々に増えてきています。また、取引所に問題が起きた時や廃業した時に引き出せなくなる可能性もあります。
自分のコインは自分で守る。その意識を持って管理してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨を保管するお財布の事を「ウォレット」と呼びますが、スマホで作れるビットコインが保管できるアプリもいくつか存在します。

自分専用のお財布(この場合自分の金庫のイメージの方がいいですね)を作って、100%とは行きませんが、出来るだけ自分のビットコインを守れるようにしてみてはいかがでしょうか。

またスマホ用のウォレットアプリは、当然ながら持ち運びが便利です。セキュリティーも高い物が多く、秘密鍵の管や幾つかのランダムな単語とパスワードやピンコードなどで管理でき、インターネットに接続していない状況だとオフラインで管理できる、コールドウォレットとしても使えるものが多く存在します。

そしてオンラインにすれば、確認や送金など出来ますから便利に使えるという訳です。

ビットコイン対応アプリは、仮想通貨取引所系のアプリと、ビットコイン専用(他のコインも入れられるものもありますが)のアプリがありますが、取引所以外のアプリをいくつかここでご紹介します。貴方のビットコインの管理の参考にしてみて下さい。

ビットコインウォレットアプリ

基本的にスマホのウォレットアプリは登録作成時に、秘密鍵(プライベートキー)が作られそれを基に自分のウォレットのビットコインアドレスが生まれます。

Copay

マルチシグシステムというアプリのアクセス時に複数の秘密鍵を要求されるためセキュリティー面に優れているビットコイン専用のアプリの一つです。秘密鍵などは頭に記憶するのも大変だし忘れやすいので、紙やメモに書いて保存しておくことをお勧めします。またPC版もあるので便利に活用してください。また、アプリ内に複数のウォレットを作る事もできます。そして、Copayでは、ビットコインの受信受け取り後にアドレスが変更される仕組みになっています。これはプライバシー保護の為であり、もちろん、以前に使われたアドレスも使用することはできますのでご安心を。

海外製のアプリではありますが日本語に対応。対応通貨はBTCとBCH。Android版、iOS版と両方に対応しています。

Blockchain

日本では、かなり有名なウォレットアプリの一つです。Webウォレットもあり両方で管理できる便利なウォレットです。もともと持っている仮想通貨取引所のビットコインアドレス登録すると、所有するビットコインの合計数などを把握することができます。

セキュリティー面では、G二段階認証や指紋認証があり安心して使えるアプリです。対応通貨はBTCとBCHとETHです。Android版、iOS版と両方に対応しています。

Mycelium

セキュリティー面ではかなり安全なウォレットアプリです。その訳は、オフラインではインターネットと完全に切り離されるコールドウォレットになるからです。
対応通貨はBTCのみ。Android版、iOS版と両方に対応しています。(日本語対応はAndroid版のみ)

Bread (旧Breadwallet)

使い方がシンプルで分かり易いウォレット。日本語にも対応しており、インストールしてからの設定も簡単。ピンコードやペーパーキーという12個の単語を書き写して保存さえしておけば、そして指紋認証ができたら後は楽々で使えます。対応通貨はBTCのみ。Android版、iOS版と両方に対応しています。

もにゃ

ちょっと面白いのがこの「もにゃ」です。国産の通貨の対応のために作られたウォレットアプリ。残念ながら現在はAndroidのみの対応なのですが今iOS版の開発も進められているそうですので期待していて下さい。
ビットコインや国産通過用の為日本語対応も素晴らしく、操作に関しては、簡単モードと多機能モードに自分のお好みで切り替えが可能なのです。ちょっとお勧めです。

対応通貨は、BTCとNONAとZNYとLTCとFJCです。Android版に対応しています。

Green Address

このウォレットは?マルチシングシステム?対応で、使っていない時はコールドウォレットになる安全性が高いウォレットです。また、SegWit(というビットコインの送金が遅くなるというケースラビリィティ問題を解決するのに役立つ技術)対応でもあり、送金手数料が安くなるという利点も持ち合わせています。これは送金時に色々と手動で設定する事ができます。スマホをなくした、等の時の復元フレーズは、24単語をキープしておけば復活可能です(ニーモニックフレーズ)。
  
また、BTCの送金時にG認証が必要ですが、2段階承認なしても送金できる上限を設定することも出来ます。セキュリティー面でどちらを感じるかは個人さがあると思いますがまた日本語には対応しておりません。対応通貨はBTCのみ。Android版、iOS版と両方に対応しています。

と大体このようなところをピックアップしてみました。

この他にも別枠ですが、ビットフライヤー・GMOコイン・Zaifといった仮想通貨取引所のアプリもありますが、ちょっと違うように感じましたので、上記のようなビットコイン用のウォレットアプリを紹介させてもらいました。取引所自体がハッキングにあった場合、そのアプリが使えるのかどうか分かりませんので。

ビットコインのウォレットアプリまとめ

ビットコインを安全に保管するアプリなので、スマホ自体の故障や紛失に関しては十分に個人で管理していただけますようご注意ください。
また、とはいっても非常事態などででそのようなことが起こった場合の為に、アプリのバックアップは必ず取っておく事をお勧めします。

くどいようですが、この他にも、スマホのウォレットアプリはあり、また、スマホ以外のウォレットもあります。今回はスマホアプリでのビットコインの管理ができる方法をお伝えしましたので貴方のお役に立てたのなら幸いです。

仮想通貨を便利に安全に管理し、より良い仮想通貨生活が送ることができますように。
仮想通貨の未来を信じて。

-ビットコイン

Copyright© 仮想通貨情報共有サイトBITSHARE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.