仮想通貨取引所

ビットフライヤーで扱う仮想通貨の種類が知りたい!他の取引所と違うの?

投稿日:

ビットフライヤー(bitFlyer)ってご存知でしょうか?

最近、テレビのCMや広告など、日常生活のいたるところで良く目にするようになりました。

そのため、仮想通貨をまだ始めていない人でも、名前くらいは聞いたことがあるという人も多いかもしれませんね。

ビットフライヤーは現在、日本国内では最大手の仮想通貨取引所です。

すでに仮想通貨の投資を始めているという日本人であれば、ほとんどの人がビットフライヤーの口座を開設していることでしょう。

ですから、これから仮想通貨を始めようと思っている人には、まずはビットフライヤーの検討をおススメします。

ここでは、そんなビットフライヤーの特徴や取り扱っている仮想通貨の種類などを解説していきます。

ビットフライヤーの特徴

日本国内には、いくつかの仮想通貨取引所があります。

しかし、仮想通貨を買う・売る、日本円を入金する・出金するなど、基本的なシステムに大きな違いはありません。

出来ること自体は、どこも似たり寄ったりということです。

そんな中、各取引所ではユーザーを獲得するために、他とは違う特色を出そうとしています。

手数料の安さであったり、取り扱う通貨の種類であったり、セキュリティ対策などですね。

では、ビットフライヤーの特徴とはなんでしょうか?

取引量とユーザー数が日本最大

ビットフライヤーは、取引量とユーザー数が日本最大

これが最も大きな特徴といえるでしょう。

利用しているユーザーが多いということは、ビットフライヤーに何かしら大きな魅力があると判断することができます。

さらに、システムやセキュリティといった重要な部分に特に大きな問題がないということがわかりますから、安心もできますよね。

また、取引所の収益というのは、取引に対する手数料ですから、取引量が多いということは、ビットフライヤーはかなり儲かっていると言えます。

儲かっていれば、システムやセキュリティといった取引所の格となる部分に、さらに投資をしてより良くしていくことができます。

それによってユーザーの信頼もいっそう上がっていくことになります。

日本では初となる補償制度を導入している

我々ユーザーからすると、一番の取引所のリスクは、取引所のハッキング、通貨流出、倒産などです。

仮想通貨の暴落には自分でも対応できますが、このような取引所リスクは自分ではどうしようもありません。

セキュリティが弱いとか、あからさまに分かれば対応もできますが、そもそも今ではそういった取引所は登録ができません。

また取引所がいくらセキュリティを強化しても、ハッカー側の技術も上がっていくわけですから、絶対に大丈夫!というわけにはいかないですね。。

仮想通貨の投資行っていく上で、取引所リスクというのはずっと付いて回ってきます。

そんな不安を少しでも和らげてくれるのが、補償制度になります。

ビットフライヤーでは日本で初めて、この補償制度の提供を行っています。

これはかなり大きな特徴の一つといえますね。

ビットフライヤーで扱う仮想通貨の種類はどのくらい?

日本の取引所は海外の取引所に比べて、取り扱っている仮想通貨の種類はとても少ないです。

この通貨が欲しい!と思っても、そもそもその通貨を取り扱っていなければ、そのまま機会損失にもなりかねません。

ですから、有望な仮想通貨をより多く取り扱っている取引所を利用したいものですね。

ビットフライヤーで取り扱ってる仮想通貨は、次の通りになります。

ビットコイン Bitcoin(BTC)
イーサリアム Ethereum(ETH)
ビットコイン キャッシュ Bitcoin Cash(BCH)
イーサリアムクラシック Ether Classic(ETC)
ライトコイン Litecoin(LTC)
モナコイン MONAcoinc(MONA)
リスク Lisk(LSK)

以上の7種類になります。

ビットコインやイーサリアムなど、主要な定番通貨は売買することができます。

それでは各通貨の特徴を見てみましょう。

ビットコイン

世界で初めて誕生した通貨がこのビットコインです。

ちなみに時価総額1位の仮想通貨です。

仮想通貨の投資をしていない人は、仮想通貨はビットコインのことだと思っている人もいるかもしれません。

それだけ有名な通貨だということですね!

また、ホテルや家電量販店などの決済にも使われています。

名実ともに一番の仮想通貨といえそうですね。

イーサリアム

時価総額はビットコインに次いで第二位の仮想通貨です。

ビットコインほどではないですが、仮想通貨を行っている人なら知らない人はまずいないくらい、定番中の定番通貨です。

認知度はビットコインに後れを取っていますが、ブロックチェーンの技術的な部分を見ると、ビットコインよりも優れています。

ですから、将来的にはイーサリアムがビットコインを追い越す日も来るかもしれません。

ビットコインキャッシュ

ビットコインの分裂によって生まれた通貨です。

基本的なスペックはビットコインと同じですが、ブロックサイズが大きくなっていますので、約8倍の取引ができます。

ビットコインと兄弟のような通貨ですから、ビットコインと価格が連動して動きやすいです。

イーサリアムクラシック

イーサリアムから分裂して生まれた通貨です。

分裂のきっかけはイーサリアムのハッキングなので、セキュリティ面ではイーサリアムに比べて強化されています。

基本的なスペックはイーサリアムと同じなので、値動きもイーサリアムと似ています。

ライトコイン

ビットコインの次に誕生した通貨です。

取引スピードがビットコインと比較して、なんと約4倍も速いです。

決済などに向いている通貨と言えるでしょう。

モナコイン

日本で生まれた仮想通貨です。

そのため、日本人にとても人気のある通貨です。

将来的には海外展開できるかどうかがカギになるでしょう。

リスク

2016年5月に公開され、時価総額15位前後の仮想通貨です。

サイドチェーン機能が備えられていたりして、技術的な魅力があるため、日本でも人気の高い通貨です。

将来的にも期待の持てる通貨といえるでしょう。

ビットフライヤーで扱う仮想通貨の種類 まとめ

ビットフライヤーの取り扱い通貨は7種類と、ちょっと少ない印象を受けますね。しかし、それだけでビットフライヤーを敬遠するのもどうかと思います。

ビットフライヤーにはそれを補って余りある、信頼性や安全性といったメリットもあります。

ですから、やはり使い様だと思います。

  • ビットコインやイーサリアムといった定番通貨の長期投資用として
  • 日本円の入出金用として
  • 他の取引所への送金の起点として

ビットフライヤーを活用するのがいいでしょう。

そして、アルトコインを購入したくなった時、他の取引所も並行して利用していくのがいいですね!

-仮想通貨取引所

Copyright© 仮想通貨情報共有サイトBITSHARE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.