仮想通貨取引所

海外の仮想通貨取引所が選ばれる理由とランキングの関係は?

投稿日:

仮想通貨が世間に認知されるにつけ、取引所を選ぶのも大事なポイントになって来た昨今、日本だけでなく海外の取引所に目を向けるのも必要かもしれません。

最近では日本の仮想通貨取引所だけでなく、海外の取引所を利用する方も増えてきています。

海外取引所が選ばれる理由を含めてこれから海外取引所のランキングをご紹介していきます。

海外取引所が選ばれる理由

日本人が海外の最大手仮想通貨取引所を選ぶ理由の幾つかをご紹介していきます。
・仮想通貨(アルトコイン)の取扱い数がとても豊富である取引所が多い
・以外に簡単に口座を開設できる取引所も多い
・販売所よりも取引所を持っており取引手数料が安くすむ
・特に大手は仮想通貨の取引量が多いので各仮想通貨の成約率が高くなる
・ICO終了後の仮想通貨が上場しやすく、手持ちの仮想通貨の販売や新規購入を考えているユーザーにうれしい
・今後成長する可能性のある未知なるコインに出会える可能性がある
・海外の最大手はセキュリティー面も安全である
・海外の仮想通貨取引所でのリファラル制度というアフィリエイトとは違った紹介報酬制度がある。この分の利益は結構高く、利用者にはメリットが高い。(口座開設者にその紹介権利がある)
・海外取引所の中にも日本語が使えるところもある。
・海外取引所では独自のトークンを発行している所も多く、そのトークンが購入後に新たな利益をもたらしてくれる特徴をそれぞれに持っている。基本的に仮想通貨取引所の発行する独自トークンは、その発行する取引所でしか扱えない。
等があります。

海外取引所の注意する点は?

ではデメリットというか注意点をいくつか挙げていきます。
・日本円に対応していない。
・取引所サイトは基本的には英語である、サポートも英語対応である。
・もしもの時の倒産があった場合に返金保証はない。(大手でない場合は特に)
・日本居住者が取引できない取引所がある。

等があります。


【海外取引所の取引量ランキング10位】
2018年3月
1位 BitMEX
2位 OKEx
3位 Binance
4位 Upbit
5位 Huobi
6位 Bithumb
7位 Bitfinex
8位 Bittrex
9位 Lbank
10位 HitBTC

2018年4月
1位 BitMEX
2位 OKEx
3位 Binance
4位 Upbit
5位 Huobi
6位 Bithumb
7位 Bitfinex
8位 Bittrex
9位 Lbank
10位 HitBTC

となっております。
以上のランキングから、

人気の海外仮想通貨取引所3社

海外最大手の日本人に優しい人気仮想通貨取引所3社をご紹介します

Bainance仮想通貨取引所

バイナンスは香港を拠点にして、2016年の6月にオープンしました。その後中国当局の今後の動向を考えてか、マルタに完全移転することになる。

現在は顧客が600万人を超える規模の仮想通貨取引所として1年で現在の地位を築く。

その特徴は、
・取引手数料が安い。
・日々の取引量が豊富で流動性が高く安定した取引が望める。
・バイナンス独自で発行しているトークンBNBを購入し、取引手数料にBNBを使うとさらに手数料が半額になるという嬉しい特典が付いてきます。
・BNBは現在人気のトークンとして名を馳せ、価格も高騰してきている。
・BNB所有者に対して、新規仮想通貨トークンの希望投票参加権利が与えられる。
・ビットコインのハードフォークから誕生するすべての仮想通貨に対応するとバイナンスが明言している。これはビットコイン所有者にとってとても嬉しいお話です。
・セキュリティー対策が万全である。
2018年7月初めにバイナンスに対するハッキングが見られましたが、バイナンスは見事このハッカーを撃退し、ハッカー口座の凍結に成功。これはバイナンスの安全性の高さを知らしめるニュースとなりました。
・取扱う仮想通貨の種類が豊富で100種類を超える。
・口座開設者(ユーザー)に対してリファラル制度を導入しています。ユーザーが新たな口座開設者を紹介し新規口座開設者の取引手が行われた場合、手数料のバック口銭が入るという仕組みです。
・海外取引所では、こういったリファラル制度を採用している取引所が多くあります。
・比較的簡単に日本居住者でも口座を開設することが出来る。
現在メールアドレスとパスワードがあれば口座開設はできます。この場合一日2BTCの送金が可能である。
それ以上の送金を望む方はパスポートや電話番号を登録し、2段階認証を設定してください。すると、一日100BTCまでの送金が可能になります。
・PCだけでなくスマホアプリも用意している。
・日本語対応はないがバイナンスのPCサイトでは、グーグルクロームを使うことによってある程度日本語に変換してくれる。

 注意点として
・日本円は取扱っていない。
・日本語の対応はなく、サポートはしていない。

OKEx仮想通貨取引所

オーケーイーエックスは、当初北京に設立されましたが現在香港を拠点としている中国三大仮想通貨取引所の一つ。常にトップ3に名を連ねておりとても有名な取引所です。

その特徴は、
・日々の取引量が豊富で流動性が高く安定した取引が望める。
特にイーサリアムの取引き数量が高く世界第2位を誇っている。
・オーケーイーエックスではOKBという独自に開発したトークンを発行している。イーサリアム ERC-20 ベースで発行枚数は10億枚である。1か月で6倍以上の価格を付けたことは有名な話である。
OKB所有者には、OKExの取引手数料の5~60%が分配される。
・バイナンス同様のリファラル制度採用しているが、紹介者数50名以上、5000 OKB以上の所有の義務付けがなされています。
・170種類以上の豊富な数の仮想通貨を取扱っている。
・PCとスマホアプリに対応している。
・先物取引ではbitbankと提携している。
・口座開設は簡単で、メールアドレス・国籍・電話番号を入力後SMSから送られてくるコードを入力しパスワードを設定すれば開設できます。その後は自分の安全の為に2段階認証を行いましょう。

注意点として
・日本円は取扱っていない。
・日本語の対応はなく、サポートはしていない。
・中国政府との関係上で取引所が閉鎖されるリスクを持っている。
・2017年8月にBTCのハッキング被害が顧客の口座で起きるも、OKExは顧客のパスワードの脆弱性を告げ、保証は行わなかった例がある。(取引後は個人のウォレットに移して管理してください)
・手数料が、現物取引用・先物取引用・入出金手数料と別れている。

Huobi仮想通貨取引所

フオビは、2013年に北京に設立された現在香港を拠点とする仮想通貨取引所である。
中国三大取引所の一つと言われています。

その特徴は、
・取引手数料は0.2%で若干割高感あり。
・日々の取引量が豊富で流動性が高く安定した取引が望める。
・フオビでは、HTという独自で開発されたトークンを発行している。総発行枚数は5億枚。
VIP会員になり、HTトークンを購入し所有すると手数料が最大50%オフとなる。
・四半期ごとにHuobi Proの利益の20%を使ってHTの買戻しをする。
・フオビでもリファラル制度を採用しており、現ユーザーが新規の登録者の紹介に成功しその方が仮想通貨の取引を行った場合、その手数料の30%がバックされる。
・またHTによる通貨の購入も可能である。
・取扱い仮想通貨の種類は100種類を超えている。
・HT所有者にはバイナンス同様新規仮想通貨に対する投票権がある。
・2017年12月にSBIホールディングス社と資本及び業務提携をするも、2018年3月にその提携は解消される。(SBIホールディングスの環境が整ったため)
・日本語にも対応しており、多くの日本人に利用されている。
・PCサイトが見やすく使いやすい。
・セキュリティー面も信頼が厚い
・ICOコインの上場が早い
・口座開設の取引は難しくなく、メールアドレス、パスワードを入力し、送られてきた認証番号を入力。その後は電話番号の入力とSNS番号の確認と入力します。その後は、2段階認証を行ってください。最後にKYCという本人確認の為、ご自身のパスポートのコピーかカメラ取りした写真を送ると、後は認証されるまで待つだけです。

注意点は、
・日本円は取扱っていない。
・サポートが中国語の対応となる。
・中国政府との関係上で取引所が閉鎖されるリスクを持っている。

以上で、仮想通貨取引所ランキング最上位クラスの人気3社をご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

海外の仮想通貨取引所のまとめ

海外の仮想通貨取引所のランキングはいかがでしたでしょうか。
先ずは、ランキングが高いとそれだけ取引量が多く、流動性が高いのでご自身の希望する価格での成約率が高くなります。

また、取扱い通貨の数は日本と比べてとても多く、気になる新規上場の仮想通貨が比較的簡単に手に入れられます。

日本の口座開設も必要ですが、海外の取引所も口座の開設をお勧めします。

これからのより良き仮想通貨生活の未来の為に。

-仮想通貨取引所

Copyright© 仮想通貨情報共有サイトBITSHARE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.