仮想通貨(総合)

儲かった仮想通貨の税金って、気になりませんか?選ぶ取引所も重要です

投稿日:2018年10月5日 更新日:

これからは「仮想通貨の時代」と言われている昨今ですが、やはりこれから稼いでいこうと胸に秘めている方は税金が気になりますよね?

納税は、国民の義務です。脱税は犯罪ですのでしっかりと知識を身に付けて、自分の身は守りたいですよね。

そこで仮想通貨の税金は、どのタイミングで、どうしたら発生するのか出来るだけわかりやすく説明したいと思います。

仮想通貨の税金の発生タイミング

「仮想通貨の税金が発生するタイミングはどの時点で?」という疑問を持つ方が多いのではないでしょうか?

大きく分けまして、3つのタイミングがあると言われています。

  • 仮想通貨で商品やサービスを決済や購入したとき
  • 仮想通貨を売ったとき
  • 仮想通貨で他の仮想通貨を両替または購入したとき

仮想通貨で商品やサービスを決済や購入したときの例

取引所で20万円分のビットコインを購入する。


20万円のビットコインが→40万円に上昇!


取引所で40万のうち30万円を現金化する。


30万円のテレビを購入する

さて問題です。この時点での課税対象の金額は?

答えは、20万円の投資に対し、30万の商品購入ですので、<10万円>です。
手元に残った10万円は、この時点では課税対象になりません。

仮想通貨を売ったときの例

取引所で20万円分のビットコインを購入する。


20万円のビットコインが→40万円に上昇!


40万円分のビットコインを現金化。

さて問題です。この時点での課税対象の金額は?

答えは、売却価格40万円-購入価格20万円=20万円です。

仮想通貨で他の仮想通貨を両替または購入したときの例

取引所で20万円分のビットコインを購入する。


20万円のビットコインが→40万円に上昇!


40万円分のビットコインでリップルを40万円分、両替または購入する。

さて問題です。この時点での課税対象の金額は?

答えは、2つ目と同じで、売却価格40万円-購入価格20万円=20万円です。
ここで問題なので、万が一、その後、リップルが値下がりしても・・腑に落ちないですが、税金は減りません。

もし1000万円の利益が出た場合の税金

端的に言うと仮想通貨で1000万円の利益確定をしたら、約半分の500万円を翌年に納税しなきいけません。
手元に残るのは500万円となります。

これを勘違いして、1000万円を贅沢に使った場合、翌年の納税が出来なくなり、大変なことになります。

また1000万円分を仮想通貨に変えて、その後、暴落して残りが300万円になんてことになったら、200万円分を足して納税しなくてはなりません。

大事なのは、500万円を税金分で残して、残り500万円を仮想通貨に変えたり、自分自身で使ったりするのが得策でしょう。

仮想通貨の活動でかかる支出等の費用は経費計上できる

領収書は必ず必要なので忘れないように!

  • セミナーの参加費やコンサルティングの費用
  • セミナー会場に行く交通費
  • マイニングに必要な書籍代など
  • パソコンの購入費やマイニングマシーンの代金
  • インターネット利用の通信費

この他にも結構経費で落とせるのもありますので、調べてみてはいかがでしょうか?

仮想通貨の取引には、少なからず税金が絡んできますし、必要経費として計上できる部分も多くありますので、その存在を知っておくだけでも今後の仮想通貨時代に対応できる強みとなりますね。

ただ、なかなか計算が難しく、面倒な部分が多いので無料のツールなどがありますので、登録してみてはどうでしょう。

有名なツールとしては、Cryptact(クリプタクト)、G-tax(ジータックス)、Keiry(ケイリー)、BitTax(ビットタックス)などがあります。

連携している取引所があるので、自分の取引所をチェックしたうえで、検討してみてはいかかでしょうか。

取引所は、やはり証明書等の出力がしっかりしている所を選びましょう。
日本では、GMOコインやDMMビットコインなどが人気が高いです。

気になる課税額は、雑所得とみなされるため、高いのは知ってますよね?

4000万円以上の場合は、なんと45%の税率となります。
その他に住民税が10%かかりますので、約55%の納税しなくてはいけません。

控除額もありますが、相当、取られますよね。

節税対策もあるとのことですので、もっと勉強しないと・・・いけないですね。

いずれにしても年間20万円以上の利益がある方は、税金のことを真剣に考える時期です。
わからないことは、税理士さんや税務署でも相談できます。

特に税務署は、無料で相談が出来ますので心配な方は一度訪れてみるのもいいでしょう。
確定申告の時期は、通年2月~3月ですが、バタバタしない今のうちに勉強することをお勧めします。

これから特に億り人を目指しているあなたは、基礎的な部分だけでも知っていただけたら幸いです。

-仮想通貨(総合)

Copyright© 仮想通貨情報共有サイトBITSHARE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.