仮想通貨(総合)

仮想通貨の売り方どうすればいい?板の見方と2種類の売り方教えます

投稿日:2018年11月6日 更新日:

仮想通貨を買ったのはいいけれどもじゃあ売る時はどうしたらいいのって思いませんか?
仮想通貨は需要と供給で成り立っていますので、買う人がいれば売る人も当然いる訳です。

ここでは初心者の方でも仮想通貨の売り方と基礎用語を含め分かりやすく説明していきたいと思いますのでぜひ参考にしてください。

仮想通貨を買うためには取引所と呼ばれる仮想通貨を取り扱っている取引所の開設が必要なのはご存知ですよね?
そこで仮想通貨を購入する訳ですが、売る時も同じく仮想通貨取引所で売却を行います。

仮想通貨を売るには取引所で売却するか?

それとも販売所に売却するか?

の2点になります。

仮想通貨の売却についてお伝えすると共に仮想通貨売買の基礎用語を含めて説明していきます。

仮想通貨の売り方基礎用語解説

<板>=その通貨の取引ページ

取引所では「板」があるのが特徴です。板がなければ基本的に売買はできません。
分かりやすく言えば取引量が多い「ビットコイン」はほとんどの取引所で「板」が出ています。

その逆で珍しいコインを持っていても「板」がなければ売ることはできません。
下記画像(板)を参考にしながら4つの構成からなる板の解説をします。

板は4つの要素で構成されており「売り板」「買い板」「気配値」「注文量」があります。

「売り板」
図では中央より上の左半分青色で書かれている所です。
真ん中を境に716215円以上の価格で売りたい人がいるという見方です。

「買い板」
図では中央より下の右半分赤色で書かれている所です。
真ん中の境に716170円以下の価格で買いたい人がいるという見方です。

「気配値」
中央の列に書かれている数値ですが、上記板のように売りたい価格と買いたい価格を一列に表しています。

「注文量」
注文量はその価格で出ている注文の総量のことです。
例を挙げますと、売り板の716500円の横に2.0070となっていますが、これを説明しますと716500円で2.0070BTCが売り注文で出されているという事です。

売りたい仮想通貨の数量と買いたい仮想通貨の数量が並んでおり、簡単に言うとこの値段で買いたい(売りたい)という注文が並んでいるのが「板」と呼ばれるものです。

売り気配値と買い気配値それぞれの数字が大きい程売りたい人、買いたい人が多いという事です。板の見方はとても簡単なので覚えておいてください。

<チャート>=仮想通貨の価格推移

仮想通貨はいつでも買ったり売ったりすることができますがその時々で価格の上昇・下降がとても激しい場合があります。
そのためいつ買っていつ売ればいいのかそれを見極めるのは初心者では困難でもあります。しかしチャートを見て価格の動きをみて少しづつ取引に慣れることから初めてください。

板を参考にそしてチャートも見つつ慣れていくというのがとても重要です。
仮想通貨の売買にはレートがあるので、できれば高い時に売りたいですよね?

そのためにもチャートを見ていく事も仮想通貨を売買するために覚えておいた方が良いと思います。

仮想通貨の売り方、販売所と取引所2つの方法

仮想通貨の売り方、販売所と取引所2つの方法を説明します。

<販売所>

すぐに売る(買う)なら取引所がお勧めです。
これは仮想通貨を販売所で買ったことがある方なら分かると思いますが、仮想通貨取引所は仮想通貨を売っています。それと同時に買ってくれます。
自分の登録している仮想通貨取引所であればすぐに売ることができるためすぐに売りたいという方にお勧めですが、そのぶん手数料がかかるという事を頭にいれておいて
ください。そして販売所の手数料はそれぞれ販売所で違うという事もおぼえておいてください。

取引所それぞれで多少の操作は違いますが、ここでは私が登録しているBitFlyerよりビットコインの基本的な売り方を紹介します。

ログインしてから

ビットコイン販売所ボタン→売りたいコインの数量を入力→6秒以内に注文を実行

これで取引完了です。販売所にコインを買ってもらうのでとても簡単に売却できます。

<取引所>

高く売る(安く買う)なら取引所がお勧めです。
これは取引所に買ってもらうのでなく「誰か」に買ってもらいます。つまりお手持ちのAというコインを1A5000円で売りたい場合、「誰か」がそれを買ってくれれば売却が成立するという事です。

ですのでその売りたいコインを誰かがその値段で買うよという事で売買が成立するので時間が掛かるというデメリットはありますが、希望価格(高く)売る事ができます。
そして希望価格は上記で説明しました「板」を参考に価格を決めます。当然ですが板に載らないようなべらぼうな価格では取引ができません。板に載る価格でないと取引は難しいと覚えておいてください。

下記BitFlyerでの取引所でのビットコインの売り方を紹介します。

ログインしてから

ビットコイン取引所ボタン→売りたい数量→売りたい価格→コインを売るボタン→注文を実行するボタン

注文が確定するのであとは取引を待つ。(入力した値段と数量が取引板に表示される)

取引所によって売り(買い)方が違う

取引所と販売所の違いについてお伝えしましたが、1度買ったことがある方であれば買い方とさほど変わらないので売り方もそれほど難しくはないと思います。
しかし仮想通貨取引所それぞれのページの作り方が違うので買ったことのある取引所で、まず売ってみるというのが分かりやすいと思います。

また持っているコイン全てを売る必要はないので試しに0.01とかそれ位の単位で売る練習をしてみるといいかもしれません。
また仮想通貨をいくつ売るだけではなく、何円分売るという指定もできます。これは好みですのでお好きな指定方法で売ることができます。

そして当然ですが買う時と同じでその取引所で取り扱っていないコインを売ることはできません。
売ろうとしているコインがその取引所で取り扱っているか確認してくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?仮想通貨を売るには2種類の方法があると分かったと思います。

・早く売りたいなら販売所で売る。
・希望価格で売りたいなら取引所で売る。

ということでしたね。

今回は初心者の方でも分かる仮想通貨の売り方をお伝えしました。
そして覚えておくこと必須な「板」の見方もお伝えしました。

ここまで見てもらったあなたにはすぐにでも仮想通貨の売り方の実行ができると思います。
また売り方の説明でもありましたが、一番最後の「注文を実行」を押さなければ実際に売ることはありません。

従って操作の練習もできるので是非試してみてください。
実際の操作方法は取引所で異なるのでご自身でご登録されている取引所の公式HPなどを参考にしてみてください。

-仮想通貨(総合)

Copyright© 仮想通貨情報共有サイトBITSHARE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.