2018年日本の仮想通貨取引所に下された処分とその意味

仮想通貨(総合)

2018年日本の仮想通貨取引所に下された処分とその意味

投稿日:2018年11月20日 更新日:

2017年2018年と仮想通貨ブームが到来し、世界的に勢いを増してきています。
仮想通貨も1600種類を超え、正直“なんだかわからない”と思われる方も多いでしょう。

日本人なら、仮想通貨を買うのに日本円で支払いますよね。

その為に日本の仮想通貨取引所の口座開設が必要になるのです。

日本にも多くの仮想通貨取引所が誕生していますが、まだ、仮想通貨事態の歴史が浅いためか、運営内容に不備の見られる仮想通貨取引所が見られるようです。

日本では、こういった仮想通貨交換業者に対して、金融庁からの認可制度をとることにしています。

これは金融庁曰く、『利用者保護のため』なのです。
仮想通貨取引所を良くするために、金融庁から改善命令が発せられるのです。

では、今年2018年で金融庁から発令された、処分に関して見ていきましょう。

2018年1月29日 コインチェック株式会社に対する行政処分

2018年1月26日に仮想通貨ネムがハッキング被害により流出。顧客からの預かり資産5億2300万XEM分であった。
これに伴い、業務改善命令が発出された。

業務改善命令の内容
・今回の事件の事実関係と原因の究明
・お客様へのしっかりとした対応をどうとるのか明確にすること
・経営管理体制を強化して、システム管理を含めて責任がどこにあるのかはっきりさせること
・ちゃんと実行出来るリスク管理体制を作り再発防止を策定
・上の4つの項目に対して、2月13日までに書面にて報告

ユーザーの動揺は計りしれませんでしたので至極もっともなご意見ですね。

2018年2月13日 Blockchain Laboratory Limitedに対する警告

インターネットで仮想通貨の売買の媒介を行っていたことに関しての警告が行われた

警告内容
・無登録でICOの申込みを受付
・インターネット上で仮想通貨の売買の媒介

仮想通貨セミナーを全国で行っていたようですが、連絡先の住所などが登記簿上の記載と違うようで、意図的なものを感じます。
こういう警告ならどんどん出してほしいですね。素人利用者では分かりませんから。

2018年3月8日 コインチェック株式会社への行政処分

1月26日の業務改善命令からの報告を受けて金融庁が立ち入り検査をしたところ、色々と不備や問題が見つかったので、業務改善命令が発出された。

業務改善命令
・リスク管理と顧客の保護を最重要課題として、経営体制と経営戦略を見直す
・それを取締役会で取り上げてちゃんと体制を整備しなさい
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分である
・今後の取引の再開や新規顧客の口座開設にあたって実現性のある見直しをすること
・顧客との取引や顧客への補償を、ちゃんと報告しなさい
・こういった業務改善計画を2018年3月22日までに書面で提出しなさい

ということです。これもごもっともですね。

2018年3月8日 バイクリメンツ株式会社に対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し2月19日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務改善命令が発出された。

業務改善命令
・経営管理体制をしっかりしなさい
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分である
・顧客の財産と同社の財産の分別管理体制をはっきりさせて帳簿書類もしっかり整える事
・システム管理体制を再構築しなさい
・上記の報告を3月22日までに書面で報告すること

ということです。これもごもっともですね。

2018年3月8日 FSHO株式会社に対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し2月19日に立ち入り検査したさいにかなり大きな問題が見つかったので、業務停止命令と業務改善命令が発出された。

業務停止命令
・2018年3月8日から4月7日まで仮想通貨交換業務の全ての業務が停止となった
・具体的理由:取引時の確認検証する態勢の不備や職員向けの研修が不履行など、社内規則通りの業務の運営がなされていない為

業務改善命令
・今までの取引確認の実地と疑わしい取引に対しての届け出を実地すること
・上記を実地する為の態勢を構築すること
・顧客の安全管理態勢を構築すること
・ちゃんと法定帳簿を作って記載する態勢を構築すること
・以上の対策措置の内容を3月22日までに書面で報告すること

こういう会社もあるのですね。利用者は分かりませんからありがたい措置ですね。

2018年3月8日 GMOコイン株式会社に対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し2月13日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務改善命令が発出された。

業務改善命令
・同社の事業が拡大していくにつれて実行可能なシステムリスク管理体制を構築しなさい(システム障害事案が頻発に起こる原因解明とその対策について)
・上記の業務改善計画を3月22日までに書面で提出すること
・業務改善計画が実地完了するまでの間1か月ごとの進捗状況を翌月の10日までに書面で報告すること

2018年3月8日 テックビューロ株式会社に対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し2月13日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務改善命令が発出された。

業務改善命令
・実効性のあるシステム管理体制を構築しなさい
・顧客対応をちゃんとしなさい
(システム障害や不正出金・不正取引事案等の多くの問題が見られたため)
・上記の業務改善計画を3月22日までに書面で提出すること
・そして、業務改善計画が実地完了するまでの間1か月ごとの進捗状況を翌月の10日までに書面で報告すること

2018年3月8日 ビットステーション株式会社に対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し2月26日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務停止命令及び業務改善命令が発出された。

業務停止命令
・2018年3月8日から4月7日まで仮想通貨交換業務の全ての業務が停止となった
(社内経営企画部長による同社の利用者財産の私的流用が見つかったため)

業務改善命令
・利用者財産の残高確認や照合等、移動及び処分等、適切に管理するための態勢つくりとその整備をしっかりしなさい
・上記の対応や措置内容を3月22日までに書面で提出すること

2018年3月8日 ミスターエクスチェンジ株式会社に対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し2月19日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務改善命令が発出された。

業務改善命令
・利用者の管理体制を構築しなさい
・利用者の財産の分離管理体制をちゃんと構築しなさい
・システムリスク管理体制をちゃんと構築しなさい
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分である
・苦情処理をしっかりとやってください
・上記の対応や措置内容を3月22日までに書面で提出すること

2018年3月23日 バイナンスに対しての警告

日本居住者に対して仮想通貨交換業務を行っていたことに対する警告

警告内容
・仮想通貨交換業務を行っている「業者名」「所在地」などが本現時点のものでない可能性が有る為に警告が出された

2018年4月6日 株式会社LastRootsに対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し3月5日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務改善命令が発出された。

業務改善命令
・同社の経営管理体制をしっかりと構築しなさい
・利用者の財産の分離管理体制をちゃんと構築しなさい
・システムリスク管理体制をちゃんと構築しなさい
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分である
・上記の対応や措置内容を4月20日までに書面で提出すること

2018年4月6日 株式会社エターナルリンクに対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し3月7日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務停止命令及び業務改善命令が発出された。

業務停止命令
・2018年4月6日から6月5日まで仮想通貨交換業務の全ての業務が停止となった
(同社の代表取締役が利用者から預かった財産を一時的に流用していた事実が発覚)

業務改善命令
・今までの取引確認の実地と疑わしい取引に対しての届け出を実地すること
・上記を実地する為の態勢を構築すること
・利用者の財産の分離管理体制をちゃんと構築しなさい
・システムリスク管理体制をちゃんと構築しなさい
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分である
・ちゃんと法定帳簿を作って記載する態勢を構築すること
・外部委託管理体制を構築しなさい
・以上を踏まえたうえで健全な業務運営をする為の経営管理体制を構築すること
・以上の対策措置の内容を5月7日までに、または、当局の求めに応じて書面で報告すること

これは大変にずさんな会社への対応にて、分かる気がします。

2018年4月6日 FSHO株式会社に対する行政処分

2018年3月8日に同社に対して業務停止命令及び業務改善命令が発生されたが、その内容を十分に理解しておらずに改善もされていない為、再度業務停止命令及び業務改善命令を発生された。

業務停止命令
・2018年4月8日から6月7日まで仮想通貨交換業務の全ての業務が停止となった

業務改善命令
・今までの取引確認の実地と疑わしい取引に対しての届け出を実地すること
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分であり実効性のある対策を建てること
・利用者の安全管理態勢を構築すること
・システムリスク管理体制をちゃんと構築すること
・ちゃんと法定帳簿を作って記載する態勢を構築すること
・自社の適切な評価を行い実効性のある経営管理体制を構築すること
・以上の対策措置の内容を5月7日までに、または、当局の求めに応じて書面で報告すること

最後通告のように厳しい内容ですね。

ブルードリームジャパン株式会社に対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し3月14日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務停止命令及び業務改善命令が発出された。

業務停止命令
・2018年4月11日から6月10日まで仮想通貨交換業務の全ての業務が停止となった
(自社発行仮想通貨に対する価格形成の説明のないまま該当仮想通貨の勧誘を行い、外部委託先に適切な業務遂行を行う為の措置を怠った等の理由が認められた為)

業務改善命令
・利用者に対しての正しい情報提供をすること
・外部委託先への管理体制を構築すること
・法定帳簿を作成し保存をすること
・取引時の確認などをちゃんと実行するこ
・システムリスク管理体制をちゃんと構築すること
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分である
・以上を踏まえた自社の適切な評価を行い実効性のある経営管理体制を構築すること
・以上の対策措置の内容を5月11日までに、または、当局の求めに応じて書面で報告すること

2018年4月25日 みんなのビットコイン株式会社に対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し3月22日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務改善命令が発出された。

業務改善命令
・経営管理体制をちゃんと構築すること
・法定帳簿などの書類の管理体制をしっかりと構築すること
・利用者保護措置をしっかりと構築すること
・システムリスク管理体制をちゃんと外部委託先への管理体制を構築すること
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分である
・以上の対策措置の内容を5月14日までに、または、当局の求めに応じて書面で報告すること

2018年6月22日 株式会社ビットポイントジャパンに対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し4月18日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務改善命令が発出された。

業務改善命令
・同社の経営管理体制をしっかりと構築すること
・利用者の財産の分離管理体制をちゃんと構築すること
・利用者の保護措置への管理体制をちゃんと構築すること
・システムリスク管理体制をちゃんと構築すること
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分である
・上記の業務改善計画を7月23日までに書面で提出すること
また業務改善計画の実地が完了するまで毎月書面で報告を入れること

大きくなったからと言って、問題点はあるものなのですね。
でも改善できればよくなるのは事実。ちゃんとした対応を希望します。

2018年6月22日 BTCボックス株式会社に対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し4月18日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務改善命令が発出された。

業務改善命令
・同社の経営管理体制をしっかりと構築すること
・利用者の財産の分離管理体制及び帳簿書類の管理体制をちゃんと構築すること
・利用者の保護措置への管理体制をちゃんと構築すること
・システムリスク管理体制をちゃんと構築すること
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分である
・反社会勢力排除への管理体制を構築すること
・利用者の安全性とクレーム対応などちゃんと管理体制を構築すること
・新規に取扱う仮想通貨へのリスク管理を構築すること
・上記の業務改善計画を7月23日までに書面で提出すること
また業務改善計画の実地が完了するまで毎月書面で報告を入れること

だんだん内容が多くなってきてますね。仮想通貨業務も大変なようです。

2018年6月22日 ビットバンク株式会社に対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し4月18日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務改善命令が発出された。

業務改善命令
・同社の経営管理体制をしっかりと構築すること
・利用者の財産の分離管理体制をちゃんと構築すること
・利用者の保護措置への管理体制をちゃんと構築すること
・システムリスク管理体制をちゃんと構築すること
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分である
・ホワイトラベル戦略への実効性のある体制を構築すること
・外部委託先の管理体制をしっかりと構築すること
・新規に取扱う仮想通貨へのリスク管理を構築すること
・上記の業務改善計画を7月23日までに書面で提出すること
また業務改善計画の実地が完了するまで毎月書面で報告を入れること

2018年6月22日 QUOINE株式会社に対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し4月9日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務改善命令が発出された。

業務改善命令
・同社の経営管理体制をしっかりと構築すること
・利用者の財産の分離管理体制及び帳簿書類の管理体制をちゃんと構築すること
・利用者の保護措置への管理体制をちゃんと構築すること
・システムリスク管理体制をちゃんと構築すること
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分である
・反社会勢力排除への管理体制を構築すること
・新規に取扱う仮想通貨へのリスク管理を構築すること
・上記の業務改善計画を7月23日までに書面で提出すること
また業務改善計画の実地が完了するまで毎月書面で報告を入れること

大体同じような内容になってきました。どこも似たような問題を抱えているのですね。

2018年6月22日 株式会社bitFlyerに対する行政処分

2018年2月1日に金融庁が同社のシステムリスク管理体制に関して報告徴求命令を発出し4月9日に立ち入り検査したさいに問題が見つかったので、業務改善命令が発出された。

業務改善命令
・同社の経営管理体制をしっかりと構築すること
・利用者の財産の分離管理体制及び帳簿書類の管理体制をちゃんと構築すること
・利用者の保護措置への管理体制をちゃんと構築すること
・利用者情報の安全管理を図るべく管理体制を構築すること
・システムリスク管理体制をちゃんと構築すること
・マネーロンダリングやテロ資金が流れていく問題対策が不十分である
・反社会勢力排除への管理体制を構築すること
・利用者のクレーム対応などちゃんと管理体制を構築すること
・新規に取扱う仮想通貨へのリスク管理を構築すること
・上記の業務改善計画を7月23日までに書面で提出すること
また業務改善計画の実地が完了するまで毎月書面で報告を入れること

以上が、今年に金融庁の各財務局から発生されたぎょむ改善命令の内容となります。

参考程度には、頭の隅に入れておいてください。

まとめ

QUOINEやビットフライヤーまでも来たか!と驚きましたが、今から考えると改善点がある方がこの先の為にいいのかなと、思えるようになってきました。

一時は時期が時期だけに、金融庁は仮想通貨をつぶしに来ているのかとも思いました。
(ビットコインやアルトコインの価格がかなり下落していた時なので)

ですが、処分内容を知ると、、

確かに、これまで挙げられてきた内容は利用者にとって好ましくないものばかりです。
業務停止処分を受けた所は、私的流用等もってのほかの対応をしていた会社に対しておりています。

仮想通貨がこれからどんどんと認知され世界的にもっと取引されるようになった時に問題のない体制が整ってさえいれば、もっともっと利用者は増えるでしょう。

その未来を信じています。

-仮想通貨(総合)

Copyright© 仮想通貨情報共有サイトBITSHARE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.