イーサリアム

イーサリアムのウォレットアプリってどうなの?

投稿日:2018年8月14日 更新日:

仮想通貨取引所でのハッキングが多く見受けられる世になって来た現在、仮想通貨の管理は個人責任とは言え重要な課題の一つになりました。

その取引所にも便利なアプリもありますが、取引所に問題が起こった時は別問題です。例えば、上に挙げたハッキングが行われた時、一時的にも使えなくなる可能性が有ります。
また、その仮想通貨取引所が廃業若しくは倒産の憂き目にあった場合は取り返しのつかなくなる事が起こりうる可能性が有ります。

特に多くのイーサリアムを保有する方は、一か所にとどめておくだけでなく分散して管理した方が安全でしょう。仮想通貨取引所だけでなく保管場所にウォレットというものがあります。

また、イーサリアムはその独自のプラットフォームを使って、新しい仮想通貨を作る事ができる優れモノの通貨の一つでもあります。

そして現在売り出されている(また、売り出されようとしている)仮想通貨のICOの案件にはイーサリアム型のトークン(新規仮想通貨の上場前の総称)が数多く出てきています。
ICOで両替若しくは購入、他にはエアドロップ(無料でもらえるトークン)の保管場所には気を付けたいところですね。

イーサリアム安全な保管に最も適しているのは?

パソコンでのイーサリアムのウォレットは、パソコンで使用の MyEtherWallet が知られていますが、パソコンを持っていない方や、そもそもパソコンを使うのが面倒な方は、スマホのアプリを持たれる事をお勧めします。

イーサリアムやイーサリアム系の仮想通貨を出来るだけ安全に保管できるアプリがあればとても便利ですね。以下にそのアプリをご紹介します。

イーサリアム系ウォレットアプリと登録方法

主なイーサリアム系ウォレットアプリの紹介と登録方法をお伝えします。

Blockchain Wallet


その名の通りブロックチェーン向けの仮想通貨ウォレットアプリなのですが、パソコン版もあります。

このアプリはそもそも、ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)(パソコン版のみ可能)・イーサリアム(ETH)の3種類のみに対応しています。基本的にはビットコイン用のウォレットアプリとして認識している方が多いと思いますが、イーサリアムの保管も可能なのです。

このウォレットは、ブロックチェーンアプリをスマホにインストールし、メールドレス(Gメールアドレスがいいでしょう)とパスワード(自分で管理できる出来るだけ長いパスワードが安全面においても優れています)を入力し、利用規約にチェックを入れて続行ボタンを押すとそれで登録は完了です。

その後、最初に記入したメールアドレスに確認メールが届きますので、それを認証すればこのウォレットは使えるようになります。簡単ですね。
確認メール内にあるウォレットIDを安全な方法でひかえておいてください。ご自身のウォレットIDになりますので他人に知らせないようにしましょう。

さらに、このウォレットを悪用されないように、バックアップフレーズ(12の単語)を控え、2段階認証や携帯電話番号のなどの設定を行います。するとより強固なセキュリティーを持つウォレットとなります。

Andoroid版とiOS版に対応。安全にお使いください。

ただし、フィッシングサイトもありますのでくれぐれも登録時にはご注意ください。

Eidoo

Eidooはイーサリアムに特化したイーサリアム系のトークンや仮想通貨(ECR20とERC223に対応)も保管できるスマホアプリのウォレットです。今後ビットコインにも対応する予定でもある予定です。

対応言語は最初英語になりますが、それほど難しくは有りません。

スマホよりEidooアプリをインストール。

⇒「Create a new Wallet」をタップし、次の規約画面の「I garee, go next」をタップし、その後はパスワード(自分だけの分かり易く長いパスワード:要保管)を入力する。その後は、ニーモニックフレーズ(12個の単語が出てきます:日本語もあります)を確認し、メモなどに控えてなくさないようにして下さい。

その後は、単語の確認の為に、1単語ごとにスマホに入力していき(その都度画面が変わります)、12単語の入力が完了し確認できれば、それで使える状態になります。

また、予備のスマホがある場合などは、そちらにもインストールし、同じパスワードや12単語を入力欄に一度に入力(単語と単語の間の感覚は半角にして空けて下さい)すると同じウォレット機能として使えますのでサブの財布として使うことが出来ます。

Android版とiOC版あり。

Ginco

株式会社Gincoの提供するイーサリアム系のウォレットアプリが「Ginco」です。
Gincoはクライアント型のウォレットアプリとして開発(Gincoの利用者同士で送金ができる)され、利用者のスマホ以外からではアクセスできない仕組みになっています。よって高いセキュリティーの仕上がりになっています。

Gincoは、端末内で独自に生成される為、Gincoに送信されることはありません。よってサーバー攻撃などによりこのウォレットが攻撃され通貨が盗まれる恐れはありません。

それではもし、スマホの故障や紛失があった場合、バックアップキーの「ニーモニックフレーズ」と呼ばれる12個の単語を記録保管しておけば、別の端末にこのキーを打ち込めば機能は回復します。

そして、このアプリはサーバーとの全ての通信にSSL/TLSで暗号化され送信されるので安全面は万全。認証方式もブロックチェーンを応用した方式でより強固になっています。

また、イーサリアム型の仮想通貨14種類の仮想通貨に対応できるようになっています。そしてビットコインとビットコインキャッシュにも対応できるようになりました。

対応通貨:ETH / EOS / TRON / OmiseGO / DigixDAO / Status network / Auger / 0x/ Ziliqa / Kyber Network / Deecetraland / BTC / BCH

登録はいたって簡単で、Gincoをスマホにインストールした後、「今すぐ始める」をタップし、名前と暗証番号を入力。そして規約にチェックを入れたら、もう、登録完了です。

使い方も日本語表示なので出入金など簡単にできるようになります。お勧めのアプリです

Gincoは、現在iOS版のみとなっています。Android版ももうすぐリリースされます。

HB Wallet (HB Blockchain Interface)

HB Wallet は日本で生まれたイーサリアムとイーサリアム・トークンに特化した仮想通貨のスマホ用ウォレットです。

当然ながら日本語で対応しておりますので登録も簡単にできます。
* ただし2018年5月24日にハッキングの被害を受けたこともあり、今回このウォレットはお勧めしませんのでご了承ください。

イーサリアムのウォレットアプリまとめ

イーサリアム系のスマホウォレットは少ないんです。ただし、ここに挙げた3つのウォレットアプリは安全で実績のあるアプリです。
これ以外にも、tokenPocketやWei Walletがありますが先ずはここからでいいのではと思っています。

そして、仮想通貨はビットコインだけではないという事を念頭にいれて、色々な仮想通貨を御自身のウォレットで管理して持ち歩く事ができるようになるとより便利になっていきますね。
ただし、スマホ管理は十分に気を付けて下さい。

安全・安心に今後の仮想通貨の未来が過ごせますように。

-イーサリアム

Copyright© 仮想通貨情報共有サイトBITSHARE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.