仮想通貨(総合)

仮想通貨を安全に保管するハードウェアウォレット知らないと損する注意点とは?

投稿日:

最近、仮想通貨取引所がハッキングされ、盗み出されるというような事件が世間を騒がせていますね。個人の仮想通貨なんて関係ないと思っていましたが、少しでもセキュリティを高めるためにスマホのウォレットからハードウェアウォレットに換えました。そのハードウェアウォレットって何?本当に安全なの?使いやすいの?など、実体験も踏まえながらわかりやすく解説します。

ハードウェアウォレットとは?

仮想通貨のハードウェアウォレットとは、仮想通貨を保管するための外部記録媒体(ハードディスク)のようなものです。

ウォレット(wallet)とは、英語で「財布」「札入れ」という意味ですが、仮想通貨の場合、財布とは少し意味が違ってきます。財布と言うよりも、仮想通貨の保管場所となる「口座」と言った方が良いでしょう。

また、多くの人はハードウェアウォレットというと、「USBメモリの中に文書や画像などを保存する」のと同じように、仮想通貨そのものをハードウェアウォレットに保存するようなイメージを持っていることと思いますが、これは違います。(実は私はそう思っていました・・・)

実際には、ハードウェアウォレットの中に仮想通貨は入っていません。では、いったい何がハードウェアウォレットに保存されるのでしょうか?単刀直入に言いますと、仮想通貨のハードウェアウォレットには、仮想通貨の口座にアクセスするために必要なカギ(秘密鍵)が暗号化されたデータが保管されているのです。

ハードウェアウォレットの仕組みってどうなってるの?

仮想通貨の口座にアクセスするために必要な秘密キーが暗号化されたデータが保管されている・・・そう言われてもなかなかピンときませんよね。そこでビットコインを例にして、もう少しわかりやすく説明していきましょう。

まず、秘密鍵とは何かと言うと、キャッシュカードを使う際に必要な暗証番号にあたるものです。いろいろなウォレットがありますが、ウォレットには必ずこの秘密鍵がついているのです。

ビットコインを送金する際には、誰にでも公開されている「公開鍵」というものから作成された口座番号にあたるビットコインアドレスというものが作成されます。これは取引毎に作成され、ビットコインを送金する際には必ず必要なアドレスとなります。

この公開鍵と秘密鍵は、「口座番号」と「暗証番号」という関係にあることから、秘密鍵を他人に盗まれたりすると、あなたのビットコインを簡単に盗まれてしまう。つまり、銀行口座にアクセスするためのキャッシュカードの暗証番号を奪われて、ATMからお金を引き出されてしまうことと同じことだと言えます。

そこで、その秘密鍵を安全に保管するために、その秘密鍵を暗号化して、ハードウェアウォレットに保管し、常時パソコンにアクセスしないようにしておくことで、秘密鍵を守っていく。これがあなたの仮想通貨をより安全に保管することにつながっていくというわけです。

なぜハードウェアウォレットを使うのか?

そもそもビットコインを始めとする仮想通貨とは、実体のない電子データにしかすぎません。これは、より安全に仮想通貨を保管するための基本的な知識です。

ビットコインなどの仮想通貨を始める場合は、まず自分が欲しいと思う仮想通貨を取り扱う会社(取引所)に登録して、自分のウォレットを保管する口座を作ります。そして、ふつうは開設した取引所の口座に購入した仮想通貨を保管しておきます。

また、ICOで仮想通貨を購入した場合などは、そのICOが指定したウォレットを用意して保管しておくということもあるでしょう。いずれにしても、銀行にお金を預けておくようなイメージですよね。

しかし、いくら取引所とは言え、インターネット上に開設されているわけですから、いつ、誰がハッキングしてあなたの大切な仮想通貨を盗んでしまうかわかりません。何度も言いますが、仮想通貨は実体のない電子データですから、銀行強盗と違って店舗に押し入って重たい思いをしてお金を運び出さなくても、一瞬のうちに大量の通貨を盗んでしまうことが簡単にできてしまいます。

実際、あなたもご存知だと思いますが、コインチェック事件のように、誰も知らない間に、いとも簡単に何億円分もの通貨を盗まれるということがあるわけです。これが銀行の場合、例えば銀行強盗にあったとしても盗まれた金額を補償する制度がありますが、仮想通貨にはそのような制度はありません。

日本の法律の場合、仮想通貨は決済の手段としては認められていますが、貨幣として認められているわけではありません。したがって、銀行にお金を預けるのと違って、いろんなリスクが伴ってきますから、あなたの大切な資産である仮想通貨を守るためには、自己努力が必要になってくるというわけですね。

ハードウェアウォレットのメリットとは?

では、ハードウェアウォレットを使うメリットとは何なんでしょうか?これには大きく3つのメリットがあると考えられています。

ハッキングされるリスクが低い

パソコンに接続していない間は、ハードウェアウォレットに保管した秘密鍵はインターネット上から完全に遮断されています。データの送受信以外はインターネットの接続から離れているということは、その分、ハッキングのリスクが限りなく低くなるということになります。反対に取引所のウォレットに保管しておくということは、常にインターネットに接続されている状態にあるわけですから、いつハッキングされてしまうかわかりません。ハッキングを防げるというのは、インターネットを使って資産管理をする上では、何よりも大事なことなんです。

持ち運びが便利である

ハードウェアウォレットの大きさは、だいたいUSBメモリくらいの大きさで、大きい部類でもiPodくらいの大きさです。ですから持ち運びにかさばるということがありません。しかも、各機種用のアプリがインストールされているパソコンであれば、どのパソコンからでも使用することができますから、とても使い勝手が良いと言えるでしょう。

バックアップが簡単である

ハードウェアウォレットを使用する際には、まず最初にパスフレーズというのを設定します。このパスフレーズさえ紛失したりしなければ、例えばハードウェアウォレットを紛失してしまっても、壊してしまっても、新しく購入し直せば仮想通貨を失ってしまうことはありません。

しかし、これは逆に言うとパスフレーズを他人に知られてしまうと、他の端末から盗まれてしまうということですから、メリットであると同時にデメリットにも通じることになります。ですから、パスフレーズだけは厳重に保管しておく必要がありますね。

ハードウェアウォレットのデメリットとは?

一方で、ハードウェアウォレットのデメリットも頭に入れておかなければなりません。ハードウェアウォレットには大きく2つのデメリットがあると考えられています。

購入費がかかる

ハードウェアウォレットの種類にもよりますが、購入価格としてはおおよそ1万円から2万円がほとんどですから、決して安い買い物とはいえません。しかし、あなたの財布を考えてみればわかりますが、財布だって1万円から2万円くらいなら決して高いものとは言えませんよね?

これくらいの価格で仮想通貨を安全に保管できるのであれば、取引所に置きっぱなしにしておくリスクを考えると、私は安い投資だと思っています。

操作がめんどうくさい

実際に使ってみるとわかりますが、正直なところ、ハードウェアウォレットを使用するのはめんどうくさい点が多いと思います。

初期設定(パスフレーズの設定など)はもちろんですが、仮想通貨の取引をする際には、まず取引所に仮想通貨を送金しなければなりません。また、購入したハードウェアウォレットには定期的なファームウェアアップデートがありますので、更新作業も必要になります。ですから、これらの作業をめんどうくさいと感じる人も多いと思いますが、私は大事な仮想通貨を守るためには必要な作業だと割り切ってやっています。

ハードウェアウォレット以外のウォレットの種類

ここまで、ハードウェアウォレットのお話を中心にしてきましたが、ウォレットにはハードウェアウォレットの以外のものもありますので、簡単にその種類と特徴をお伝えしておきたいと思います。

ウェブウォレット

これは取引所のウォレットのことで、取引所に仮想通貨を保管しておくことになります。このタイプのウォレットは取引所の管理者が秘密鍵を管理しているので、取引所にアクセスすれば送金などが行えます。また、パソコンやスマホなど端末を選ばずにログイン可能となりますから、取引をする手間が簡単です。

しかし、インターネット上に設置されていて、どの端末からでもアクセス可能ということは、それだけハッキングのリスクが高いと言うことでもあります。最近では、銀行と同じようにフィッシングサイトも増えてきていますので、IDやパスワードを盗み出そうとしている手口には引っかからないように、細心の注意が必要になります。

ソフトウェアウォレット

あなたが使っているパソコンやスマホなどに、ソフトウェアをインストールするタイプのウォレットになります。自分のパソコンやスマホで管理するということから、取引所よりはハッキングされるリスクは低いかもしれません。

しかし、スマホにソフトウェアをインストールして使う場合は、いつでもインターネットに接続されている状態になりますから、ウェブウォレットと同じリスクを抱えていると言えます。また、パソコンやスマホが壊れたり紛失した場合に備えて、あらかじめ復元方法を確認しておくことを忘れないようにしなければなりません。

ペーパーウォレット

これは文字通り、秘密鍵をプリントアウトしてペーパー(紙)で保存するタイプのウオレットです。インターネットから完全に遮断された状態で保管することになりますから、ハッキングされるリスクは限りなく0に近いと言えますし、ハードウェアウォレットに比べるとコストもかかりません。

一方で、紙であるがゆえに、紙が劣化し、文字の解読ができなくなるというリスクが生じます。また、紙をなくしてしまった場合には、仮想通貨の復元ができなくなるというデメリットもありますので、ペーパーウォレットを使う際には、その保存と保管には十分な注意が必要になります。

安全に仮想通貨のウォレットを扱うための注意点

仮想通貨を安全に保管するために最も大事なことは、「秘密鍵」を理解するということです。
前述したとおり、仮想通貨を取引するには「秘密鍵」の存在が大きなものになっていますので、この「秘密鍵をいかに守るか?」ということを忘れては、仮想通貨を安全に保管することはできません。

秘密鍵は個人個人のものです。あなたに割り振られた秘密鍵を、他の人が共有することは、仮想通貨の性質上、絶対にありません。例えば、ハードウェアウォレットを紛失しても復元可能だというのは、この理屈から成り立っているわけです。このことをきちんと理解していないと、悪意のある第三者に秘密鍵を盗まれてしまい、あなたの大事な仮想通貨を失うということにもなりかねません。

あなたがどの種類のウォレットを使うにしても、「仮想通貨を守る=秘密鍵を守る」という大原則を決して忘れることなく、あなたに合ったウォレットを選んでいただけたら幸いです。

それを踏まえた上で、仮想通貨を安全に保管するために注意しておきたいことをいくつかあげてみたいと思います。

フィッシング詐欺

これは最も注意しておきたいことだと思います。よく銀行から銀行を装ったサイトにアクセスさせ、暗証番号などを盗み取る事案に注意するようお知らせメールがきますが、これと同じことが仮想通貨にも言えます。取引所とそっくりなニセのサイトを作り上げ、そこにアクセスさせてIDなどを盗み取るという手口です。

もし仮に、あなたに「不正なアクセスがあったから」というようなメールや電話があったとしても、慌ててそのようなお知らせに反応してはいけません。そのようなメールや電話があった場合には、必ず取引所の公式サイトからメールの内容を確認することをオススメします。以前、私のところに「仮想通貨の送金リクエストについて確認したい」という電話がありましたが、私はかかってきた電話番号が確かに取引所の電話番号であることを公式サイトから確認したうえで折り返し連絡をしました。

このような連絡が入ると、人は誰でも慌ててしまうものです。特にICOなどに送金しようとして時間に追われているときなどは、「稼ぎたい」という気持ちが先に出てしまいます。しかし、例えICOの入金が間に合わなくて稼げなかったとしても、自分の仮想通貨を盗まれない方が大事ですから、大切な仮想通貨を守るためには、ひと手間かけて安全を確認するという意識を忘れないようにしていただきたいと思っています。

ウイルス対策

これは仮想通貨に限ったことではありませんが、ウイルスにパソコンを感染させて大事な情報を盗み出すという手口です。不審なサイトやメールからのダウンロードは絶対にしないことはもちろんですが、大事な個人情報はパソコン上には保管せず、USBメモリなどに保管して、常時パソコンに接続しておかないという習慣をつけておくことも大切なことだと思います。

初期設定は必ず自分でやる

先ほど、仮想通貨を安全に保管するためには秘密鍵が大事だと言いましたが、そのために必要な初期設定は、必ず自分でやることが大切です。自分で設定した情報は、自分だけが知っていないと意味がなくなってしまうからです。

ハードウェアウォレットの性質上、設定内容を第三者が知っているということは、仮想通貨が丸裸でインターネット上に放置されているのと同じことを意味します。ですから、初期設定は必ず自分で行い、他の人に知られないようにしてくださいね。

ハードウェアウォレットを購入するときの注意点

私は、仮想通貨を安全に保管するにはハードウェアウォレットを使うのがいちばん適していると思っていますが、その購入の仕方を間違えるとハードウェアウォレットを使用する意味がなくなってしまいますので、ハードウェアウォレットを購入するときの注意点を3つあげたいと思います。

中古品は絶対に買わない

ハードウェアウォレットを購入する際に、最も大事なことは、正規代理店から新品を購入するということです。「少しでも安いものを・・・」とケチって中古品を買っては絶対にいけません。

なぜ中古品を買ってはいけないかと言うと、悪意のある人が、ハードウェアウォレットから仮想通貨を盗み出すプログラムを仕込んだものを売りに出している可能性があるからです。これは実際に起きたことであって、メルカリではハードウェアウォレットの出品を禁じていたりします。仮想通貨を安全に保管するための費用は、投資費用の一部と考えて、必ず正規代理店から新品を購入することをオススメします。

対応している仮想通貨を確認する

ハードウェアウォレットは、どの仮想通貨でも保管できるというものではありません。機種によって対応している仮想通貨はまちまちです。高いお金を払って、あなたが持っている仮想通貨は保管できませんでしたというのでは、お金をドブに捨てるようなものですから、必ず事前に対応する仮想通貨の種類を確認してください。もし、正規代理店の公式サイトであなたが持っている仮想通貨の種類が対応するのかわからない場合には、正規代理店に質問してから購入するのも良いでしょう。

日本語サポートに対応しているか

ハードウェアウォレットは海外で製作されたものが多いので、英語がわからない場合には日本語でサポートしてくれているのかを確認した方がいいでしょう。特に、取扱説明書などが英語だと理解できません(少なくとも私は・・・)から、せっかく購入しても宝の持ち腐れになってしまいます。ですから、正規代理店であるならどこでも良いということではなく、日本の正規代理店を選ぶということがポイントです。

まとめ

仮想通貨を安全に保管する。そのためには取引所に預けるのではなく、ウォレットを使用する。これは大事なことですが、いままでお伝えしたように、どのウォレットで保管するにもそれぞれのリスクがあります。

だからこそ、あなたが持っている仮想通貨の額や取引にかかる利便性を考慮した上で、あなたに最もふさわしいウォレットを使用することが大事になってきますが、どのウォレットを使用するにしても、完璧な保管存方法とは言えません。

そこでリスクを分散するということが必要になってきますが、私としては、ふだん取引する分(少額)は取引所に保管し、蓄えておきたい分(高額)はハードウェアウォレットに保存するという選択肢がベストかなと感じています。

いずれにしても、仮想通貨の取引や保管は、お金を銀行に預けるのと違ってすべて「自己責任」であることを忘れずに、安全に安心して取引できるように、自分なりのルールを作っておくことが何より大事なことではないでしょうか?

-仮想通貨(総合)

Copyright© 仮想通貨情報共有サイトBITSHARE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.