ICO情報

仮想通貨ICOへの参加方法|投資先コイン購入の流れと注意点

投稿日:

今仮想通貨の関連で、よく目にするのが“ICO”という言葉ではないでしょうか。
様々な記事に登場していますが、その概要を理解されている方は少ないのも事実です。
そのICOとはどんなもので、その参加方法について、初心者でも理解できるように説明していきたいと思います。

仮想通貨のICOとは

ICOとはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略で、直訳すると「初期のコインを募集する」と言う意味になります。
具体的には、仮想通貨によって新事業を立ち上げる際のお金を募集することです。

なお、ICOで企業が発行する仮想通貨を“トークン”と呼びます。

トークンとは仮想通貨の一種で、事業の資金調達のために発行されるものです。

ICOの主催者側の主な目的

  • 資金調達
  • 通貨として普及させ価値を高める
  • 金儲けの仕組み作り

もう一方の資金調達方法として、クラウドファンディングがあります。

インターネットを通じて起業家やクリエーターが資金を不特定多数の人から募ることを意味します。

ICO参加者のメリット

ICO参加者のメリットはなんでしょうか?3つのメリットが考えられます。

  1. 少ない資金での投資が可能。株よりも少ない資金での投資が可能。
  2. プロジェクトが成功すればトークンの売却で利益を得られる。またサービスや商品をトークンで購入することが可能。
  3. インターネットで簡単にトークンの購入が可能。

ICOへの参加手順

ICOへの参加手順を順をおって説明していきます。

パスポートの準備
最近ICOの参加には、パスポートを提示したKYC(本人確認)が必要とされることがほとんどです。
日本の運転免許証は海外では確認が取れない場合も多いので、パスポートか国際免許証が必須となります。
事前に取得しておきましょう。

元手の仮想通貨が必要
主にイーサリアムが使われます。事前に相当分のイーサリアムを用意しておきましょう。送金や手続きの際に手数料が必要な場合もありますので、少し多めに準備しておきます。
イーサリアムは、国内取引所で購入することができます。

イーサリアムウォレットの作成
イーサリアムを購入したら、ウォレットに移します。ウォレットを使用するのは、セキュリティを高めるためです。
当然ですが、イーサリアムの保管にはイーサリアム専用のウォレットが必要です。
また送金の際も、取引所から投資先ICOに直接送金してはいけません。必ずイーサリアムウォレットから送金するようにしてください。

投資するICOを決める
すでにICO先が決まっている人は別として、普通の場合は投資先ICOを決めるのはなかなか大変だと思います。
そこで、独自のレーティングをしているサイトがありますので参考にしてみてください。
ただし、いずれも英語のサイトです。

参考になるICOレーティングサイト

ICO bench https://icobench.com/
ICO案件を一覧にしたうえで、専門家によるレーティングが記載されています。
その中である程度評価の高い案件を検討すれば、時間を節約することが出来るでしょう。
説明記事も丁寧で、ホワイトペーパーへの直リンクも貼ってあり非常に便利です。

ICORATING https://icorating.com/
このサイトも専門家による投資判断が掲載されています。
前述のICO benchのような詳細記事はないのですが、投資判断の元になるデータは簡潔に記載されています。

投資するICOの公式サイトでアカウントを作成
上記のサイトを見て自分が投資したいICOを決めたら、そのICO発行元の公式ホームページでアカウントを作成します。

イーサリアムを送金
最後はイーサリアムを参加希望のICOに送金します。
送金方法は下記の通りです。
◆ICO公式サイトで送金先アドレスを入力、投資したい数量を設定。
◆公式サイトより案内文や進捗状況の連絡が来ます。
◆送金処理が完了するとICO側よりウォレットにトークンが送られ終了です。

トークンの受取
最後にトークンの受取ですが、これは次の3タイプがあり、方法はプロジェクトによって異なります。
◆イーサリアムを送り、ICOプロジェクト側に着金と同時にトークンがウォレットに付与される
◆着金確認のメールで届き、期日になるとトークンがウォレットに付与される。
◆指定された仮想通貨を送り、トークンを受け取るウォレットのアドレスを後日こちらから指定する。

ICO参加の注意点

ICO参加の注意点をいくつか紹介します。

1.企業・参加創業メンバーの知名度
有名企業や有識者が発行する通貨はそれだけで信用できます。
信用は非常に重要な要素です。

2.通貨の本質の確認
そのICOの目的は何か、また通貨の本質はどこにあるのかを見極めることが大切です。
通貨の使い道、具体的なビジョンが明確に決まっていることは非常に重要です。
その通貨で成し遂げることが出来る長期的な目的も視野に入れておきたいものです。

3.ホワイトペーパーの確認
ホワイトペーパーとはそのICOで発行する通貨の説明書です。
通貨の仕組み、開発者、長期目標などが記載されているものです。
特に確認したいポイントとしては下記2点が挙げられます。
◆どの程度のレートで取引される予定か?
◆上場する取引所は決まっているのか?

まとめ

ここまでICOへの理解とその参加方法を述べてまいりました。
ICOの参加は意外に簡単なことがお分かりになったのではないでしょうか。
仮想通貨は、現状円やドルなどと違って国の管理下にはおかれていない通貨です。
それ故、いつ規制が行われるかはわかりませんので、今回のこの機会に是非ICO案件に参加してみてはいかがでしょうか。
きっと仮想通貨投資の魅力を体感することが出来るでしょう。

-ICO情報

Copyright© 仮想通貨情報共有サイトBITSHARE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.