ICO情報

仮想通貨のICOとは?トークンって何?ICOで注意することは?

投稿日:2018年7月22日 更新日:

仮想通貨に興味を持って、ネットでいろいろ調べたりしていると、ICOとかトークンとかいう言葉によく出くわします。
右も左もわからない初心者には全くの宇宙語に見えますね。
でも、ICOで億り人がたくさん誕生!とか、このICOであなたも億り人になれます!なんて情報を見てしまうと、もう無視はできません。
それは実際に起こっていることですし、優良ICOに参加すれば、本当に億り人になれる可能性が誰にでもあるのです。
また、ICOに参加しなくても、仮想通貨を今後知る上では、ICOは必ず知っておいた方がいいとても重要なものです。

ここでは仮想通貨初心者の方にICOとは何か?またそこで使われるトークンとは何かについて解説させていただきます。

ICO、トークンとは

ICOとはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略で、「新規仮想通貨公開」ともいわれます。
つまり新しい仮想通貨を開発しようとする企業やプロジェクト運営者は、コインの開発や取引所への上場を達成するのために資金調達をしなければなりません。

その資金調達のための手法として、ICOを行うのです。

運営側は自分たちが開発、上場させるコインを上場時よりはるかに安い値段でトークンとして投資家に購入を勧めます。このトークンとは、もともとアメリカなどの地下鉄や遊園地で使用された、そこでしか使えない独自の通貨のようなものです。アメリカなどでは割と馴染みのあるものなので、その概念を仮想通貨ICOに使用したみたいな感じですかね。つまり、ICOでは仮想通貨引換券みたいなものです。

ICOの段階ではまだトークンなのですが、そのコインが晴れて上場した暁には、仮想通貨と交換でき、トークンとして購入したときの価格より、上場時の価格が何倍も上であれば、投資家がその分儲かるということですね。

ちなみに2017年にICOされたOmiseGo(オミセ・ゴー)は、トークンセール時の価格が「1OMG=22.48円」でしたが、2018年1月の最高値では100倍以上の
1OMG=3000円まで上昇しました。

トークンセールでOmiseGoを10万円分買っていた人たちは、10,000,000万円以上の利益を得たことになります。利確のタイミングは人それぞれでしょうが、本当にうれしい悩みですよね。

いざ上場したものの、反対に価格が下がってしまう仮想通貨も少なからずあります。

買った人に悪いのでどのコインとはいいませんが、さんざん待っていざ上場したらトークンセールの10分の1の価格に下がってしまい、、売りたくても売るに売れないというはずれICOも多いのです。これを俗にICO割れといいます。

実は私も1つあります。。。
もうこれはそのうち上がるだろうと楽観的に見ておくしかないですね。

コインの価格については、どこの、また何か所の取引所に上場するかなどにも影響があるようですが、何よりもそのコインが上場後に市場価値を見出され、それを欲しいと思う人がたくさん出てきて、買いをたくさん入れてもらわないと上がりません。

市場にそっぽを向かれてしまったコインは価格は上がらず、下がっていくしかないのです。

ICOの目的

ICOとはつまり、事業者が自分たちが作った、または作ろうとする仮想通貨を、取引所に上場され、世界に広めて流通させるという壮大なプロジェクトを実現させるための資金集め事業です。資金を出してくれた人には、そのコインを上場後何倍にも価格が上昇させて恩に報いるという図式です。

これらがすべてうまくいけば、本当にICOに投資した人は、投資額に応じた恩恵を得ることができるのです。

それぞれのICOには、独自の事業プランがあり、構想を打ち立てています。それらを説明したものをホワイトペーパーといいます。
投資家はこれらをよく読み、納得、信用して投資していきます。

初心者のICO

しかし、初心者というか普通の人、つまり投資の素人がいくつホワイトペーパーを読んでも、なかなか本物を見分けるような自信はないでしょうし、見れば見るほど混乱してしまいます。

それだけ多くのICOが世にあふれています。

なので、普通の人は、自分が信用する人が紹介、推薦している案件に絞って、投資していくしかないと思います。
それでも外してしまうことも多々あるので、投資金は一つの案件に大金を投じるのではなく、出来るだけ分散して、一つ二つ外しても大丈夫な状態にしておくべきでしょう。当たる確率は、宝くじほど低くなはいと思いますので。

詐欺ICOに注意

ネットにはいろんなICO情報があふれています。一説には9割以上が詐欺か、はずれのICOだと言われています。

詐欺ICOとは、いかにもきれいなサイトや崇高な理念を打ち出してはいるものの、はじめからICOなど行うつもりはなく、単に偽ICOでお金だけを集めることを目的としています。
一定の金額が集まったらサイトごと消えて、どこかに逃げてしまうという、なんとも許しがたい行為です。

実際、これまでにも多く存在して、たくさんの被害者がいるようです。

ネット詐欺はICOのものに限らず、本当に巧妙で狡猾です。本物と偽物を見分けるのは実際難しいです。彼らは大金を投じて周到な準備をして、人からお金騙し取るプロフェッショナルです。

なので、ネット詐欺に引っかからない確実な方法というのはなかなかないですが、言われていることを簡単にうのみに信用せず、あらゆる角度から疑い、検証して、あとは自己責任で投資していくしかないでしょう。
昔から言われるように、おいしい話には裏があるのです。裏のないおいしい話をなんとか見つけましょう。

-ICO情報

Copyright© 仮想通貨情報共有サイトBITSHARE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.