仮想通貨取引所への入金方法が知りたい!特徴や注意点を解説します!

仮想通貨(総合)

仮想通貨取引所への入金方法が知りたい!特徴や注意点を解説します!

投稿日:2018年11月13日 更新日:

仮想通貨を購入したければ、まず取引所の開設をします。

そして開設が無事に終わったら、次にやらなければいけないことは、日本円の入金ですね。

ここで知っておきたいことは、海外の取引所へは日本円の入金ができないということです。

ですから、日本円を入金したければ、必然的に国内の取引所ということになります。

もし、海外に銀行口座を持っていて、そこに米ドルなどを保有しているのであれば、直接海外の取引所に入金することは可能です。

でもそんな人はあまりいませんよね・・

ですからここでは、国内の取引所への日本円の入金方法を解説していきます。

仮想通貨取引所への入金方法

取引所への日本円の入金は、次の4つの方法があります。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金
  • クレジットカード

仮想通貨取引所は国内にも、ビットフライヤー、Zaif、コインチェックなど、いくつかあります。

しかし、入金方法については、基本的にはどこも同じですね。

また、4つの入金方法にはそれぞれ特徴や注意点があります。

それらを踏まえった上で、どれが最適な入金方法なのかを判断して選択するのがいいでしょう。

銀行振込を利用する

自分が持っている銀行口座から取引所が指定する銀行口座に、日本円を振り込みます。

振込人名義

振込人名義には識別コードを入れる必要がある場合があります。

・名前+識別コード(Zaifの場合)

・ユーザーID+名前(コインチェックの場合)

これは誰からの入金なのか、判別する処理を早くするために必要になります。

ですから取引所への振込手続きの際は、振込人名義をよく確認しましょう。

振込手数料

通常の銀行振込のように、数百円の振込手数料がかかります。

入金対応

銀行営業時間内での対応になります。

土日や営業時間外では処理が行われません。

住信SBIネット銀行がオススメ

ここで一つ、おススメの銀行をご紹介します。

それは、住信SBIネット銀行です。

なぜなら、日本国内のほとんどの取引所が指定している銀行だからです。

この住信SBIネット銀行のメリットは絶大です。

  • 振込手数料が無料
  • 土日や営業時間外でも振込手続き可能
  • スマホからでも振込できる

銀行振込のデメリットをほぼ網羅することができます。

仮想通貨を続けていくのであれば、ぜひとも持っていて損はない銀行といえるでしょう。

コンビニ入金を利用する

仮想通貨をコンビニで入金

コンビニに設置されている端末を使って、入金することができます。

コンビニ入金の流れ

・取引所内にある「コンビニ入金」メニューから決済申請を行います。

・入金額や必要な情報を入力すると、受付番号が発行されます。

・その番号を使ってコンビニの端末から入金処理を行います。

支払い可能なコンビニは、下記の通り

ファミリーマート ローソン ミニストップ セイコーマート

振込手数料

入金金額によって違います。

700円以上と割りと高い手数料がかかります。

入金対応

入金処理後、10分程度で取引所に反映されます。

土日や営業時間外でも処理は行われます。

クイック入金を利用する

その名の通り、すぐに入金したい場合に利用します。

入金方法は、下記の通り

  • ペイジ―
  • インターネットバンク
  • コンビニ

入金手数料

数百円の手数料がかかります。

銀行振り込みより高めです。

入金対応

入金処理後、すぐに取引所に反映されます。

土日や営業時間外でも処理は行われます。

クイック入金の注意点

例えばビットフライヤーの場合、クイック入金を利用した資金は、その後7日間、他の取引所に移動することができません。

資金が拘束されてしまいます。

ですから、すぐに移動する予定のある通貨を購入する場合は、クイック入金は避けたほうがいいですね。

クレジットカードを利用する

仮想通貨をクレジットカードで入金

そもそも銀行に行ったり、コンビニに行ったり、振込処理をするのが面倒くさいという人は、クレジットカードを利用して通貨を購入することもできます。

購入金額の制限

取引所によって違います。

購入金額の上限は、だいたい50万円~100万円です。

手数料

約5%~10%の手数料がかかります。

他の入金方法では、0.5%~2%程度なので、その割高さがよくわかります。

余程の緊急ではない限り、クレジットカードでの購入は避けたほうがいいですね。

仮想通貨取引所への入金方法まとめ

仮想通貨に投資をするなら、一度は必ずやらなければいけないのが、取引所への日本円の入金ですね。

しかしこの入金もここで説明したように、手数料もかかるし、手続きもけっこう面倒くさいですよね。

ですから、この日本円の入金というのは、出来るだけ減らしたいところです。

そのためには、銀行への出金をあまりやらないほうがいいですね。

例えば、購入した通貨が値上がりして利確しても、ビットコインや日本円で保管しておくと良いでしょう。

そもそも仮想通貨というのは、動きが非常に速いです。

ですから、情報を得たらすぐに通貨を購入できるようにしておくのがいいです。

そのためにも、ある程度の資金は取引所やウォレットなどに保管しておくのがベストといえるでしょう!

また、投資はそもそも余裕資金でやるのが上手くいくコツです。

すぐに必要なお金を仮想通貨に投資してしまうと、入金や出金を繰り返すことになってしまう可能性もありますので、気を付けたほうがいいですね。

-仮想通貨(総合)

Copyright© 仮想通貨情報共有サイトBITSHARE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.